1. 寄附きぼう楽器
  2. 楽器
  3. 管楽器
  4. クラリネット
  5. 寒い冬は特に故障が多い北海道。クラリネットでもっと音の厚みを出して曲目の幅を広げたい。

寒い冬は特に故障が多い北海道。クラリネットでもっと音の厚みを出して曲目の幅を広げたい。

寒い冬は特に故障が多い北海道。クラリネットでもっと音の厚みを出して曲目の幅を広げたい。
寒い冬は特に故障が多い北海道。クラリネットでもっと音の厚みを出して曲目の幅を広げたい。
寄附きぼう楽器 クラリネット
数量 1
寄附学校・団体 東神楽町立東神楽中学校
寄附自治体 北海道東神楽町

私たちクラリネットパートは「いつも楽しく」を目標に部活動に取り組んでいます。
吹奏楽部では、練習が長時間に渡ることもありますが、それも含めて「すべてが楽しい」と思えます。
しかし、クラリネットは冬の北海道の環境では、とても取り扱いが難しく、少しでも処置を怠ると本体が割れるなど細心の注意が必要です。
私たちも大切にしたいと思い、ジョイントのグリスをふき取ったり、タンポが破れないように丁寧に掃除するなど心がけていますが、どうしても故障が多くなります。
現在は、B♭クラリネットとSクラリネット、バスクラリネットがありますが、どれも長年の使用による経年劣化や故障が多くなっています。新たに寄附をしていただけたら、もっともっと練習をして音域を広げて、新たな曲にもチャレンジしていきたいです。

【東神楽中学校吹奏楽部について】
・東神楽中学校の例年の部員数は50人を超えています。
・平成26年には、日本管楽合奏コンテスト全国大会に出場し優秀賞を受賞。
・平成27年・29年・30年には、北海道吹奏楽コンクールで金賞を受賞。
・平成27年12月の台湾大園国民中学校吹奏楽部が来日した際には、旭川市公会堂にて合同演奏会を開催。
・平成31年3月に開催された第11回ポップスコンクール(北海道)では、準グランプリを受賞。
・平成31年3月に開催された日本ジュニア管打楽器コンクールには木管八重奏・金管八重奏・打楽器四重奏が出場。

【東神楽中学校について】
東神楽中学校は文武両道を目指し、教職員・保護者・地域が一丸となって教育を進めている町です。
アクティブラーニングや小中一貫教育の推進など先進的な取り組みでも知られています。 部活動においても、吹奏楽部のほか、クロスカントリースキー部や陸上部、水泳部など多くの部活で毎年、優秀な成績を収めています。

楽器査定を申し込む
※いなべ市の査定協力事業者(株式会社マーケットエンタープライズ)の査定フォームへ移行します。