1. 寄附きぼう楽器
  2. 楽器
  3. 管楽器
  4. フルート / ピッコロ
  5. 【フルート】「歴史と伝統に新たな希望を!!」 創立75周年を迎える川越市立初雁中学校の楽器たちは昭和の時代から何度も修理を繰り返し大切に使ってきましたが、古くなり思うような演奏ができず、数も足りていません。

【フルート】「歴史と伝統に新たな希望を!!」 創立75周年を迎える川越市立初雁中学校の楽器たちは昭和の時代から何度も修理を繰り返し大切に使ってきましたが、古くなり思うような演奏ができず、数も足りていません。

【フルート】「歴史と伝統に新たな希望を!!」 創立75周年を迎える川越市立初雁中学校の楽器たちは昭和の時代から何度も修理を繰り返し大切に使ってきましたが、古くなり思うような演奏ができず、数も足りていません。
寄附きぼう楽器 フルート
数量 1
寄附学校・団体 川越市立初雁中学校
寄附自治体 埼玉県川越市

川越市立初雁中学校は今年創立75周年になります。昭和の時代から何代にもわたって大切に使われてきた楽器たちですが、何度も部品の交換、メンテナンスを繰り返してきました。そのため、楽器全体のバランスが崩れてきてしまっています。ピッチも合いにくく、苦戦をしています。また修理不可能な楽器が増えてきてしまって、数も足りていません。

特にフルートは平成12年、クラリネットは昭和60年、トランペットは平成10年、ユーフォニアムは昭和54年から使っています。ぜひ寄贈いただき、歴史と伝統ある我が初雁中学校吹奏楽部に新たな希望を与えていただきますようお願いいたします。

川越市立初雁中学校 吹奏楽部について

川越市立初雁中学校吹奏楽部は、1年生12人、2年生12人、3年生9人の計33人で活動しています。年間の主な活動は、研究発表会、吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテストなどです。「一音入魂」がモットーです。具体的に、①挨拶返事をハキハキする。②時間を大切に、地道に練習する。③明るくポジティブな空気づくりする。に力を入れています。また毎年のコンクール出場と金賞を目指して日々練習を行っています。

楽器査定を申し込む
※査定協力事業者(株式会社マーケットエンタープライズ)の査定フォームへ移行します。

埼玉県川越市の寄附きぼう楽器をもっと見る