1. 自治体
  2. 埼玉県本庄市

埼玉県本庄市

埼玉県本庄市

本庄市は、埼玉県の西北部に位置する人口 約78,000人の街です。
江戸時代には中山道最大の宿場町として発展し、古くから交通の要衝として栄えました。現在でも上越新幹線の本庄早稲田駅、JR高崎線やJR八高線、関越自動車道の本庄児玉ICなどを有し、都心にも上越・北陸方面にも手軽に行ける豊富な交通網が特徴です。
明治時代には、近代化と共に全国有数の繭の集散地として発展。養蚕業の学び舎となっていた競進社模範蚕室、繭や生糸の保存倉庫として使用されていた旧本庄商業銀行煉瓦倉庫など、市内には当時の面影を残す建物が現存し、今も街のシンボルとなっています。

▼地元が熱く盛り上がる!本庄市のまつり
豊かな歴史と文化を誇る本庄市では、1年を通して多彩なお祭りが開催されます。
毎年7月に行われる「こだま夏祭り」は、「ケンカみこし」と呼ばれる迫力満点の荒々しいみこし同士のぶつかり合いが見どころ。
毎年11月に行われる「本庄まつり」は、市の有形民俗文化財に指定された絢爛豪華な山車10基が中山道を巡行する、北関東随一の伝統あるお祭りです。

まつり.jpg

▼豊かな農産物
水と緑に恵まれた本庄市は、埼玉県でも有数の農業が盛んな街です。なすや玉ねぎ、きゅうりなどさまざまな野菜から、いちごやメロンなどの果物、またカーネーションやポインセチアなど鉢物を中心とした花卉まで、肥沃な土地で育った農産物が全国各地に出荷されています。

農産物.jpg

埼玉県本庄市の寄附きぼう楽器一覧を見る

埼玉県本庄市の公式WEBサイトを見る

本庄市のふるさと納税

埼玉県本庄市 感謝の声

感謝の声をもっと見る