1. 自治体
  2. 京都府精華町

京都府精華町

京都府精華町

精華町は、京都、大阪、奈良の三府県にまたがる緑豊かな京阪奈丘陵において、文化・学術・研究の新しい拠点の形成を目指す関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)であり、12ある文化学術研究所地区のうち3地区を擁する学研都市の中心に位置しています。そのため、国や民間の先端技術に関する研究開発施設が特に集積している地域でもあります。
学研都市のシンボルとして整備された精華大通りやけいはんな記念公園、けいはんなプラザなどには多くの人が訪れ、さまざまな交流が盛んに行われています。
また、「関西イノベーション国際戦略総合特区」にも指定されていることから、新産業の創出や研究機関・企業の集積にさらに弾みがつくことが期待されています。

▼精華町の「文化」と「自然」の象徴「けいはんな記念公園」
けいはんな記念公園は、「日本の里の風景」をテーマに全体がデザインされており、園内には棚田状の広場や、写真の回遊式日本庭園「水景園」、新緑・紅葉など四季折々の風景を楽しみながら散策できる「芽ぶきの森」等を含め、日本のさまざまさ里の景観を再現・保全しています。現在では、およそ600種の植物や70種の野鳥が観察できる自然豊かな公園となっています。また、稲刈り体験や森で採れたまきや落ち葉を使った焼き芋づくり、天体観測など開催しており、多くの子どもたちが目をキラキラさせて参加してくれています。

seikacho1.jpg

▼家族や友達と精華町でおいしい体験を!
精華町には、スイーツやパン・カフェの人気店が多く、家族連れで食事を楽しめるレストランも充実しています。地元の特産品のイチゴや洛いもを使ったお菓子やお酒もあります。

seikacho3.jpg
▼京都府指定無形民俗文化財「祝園の居籠祭」
「古事記」の伝承に由来し、奈良時代の起こりと伝えられる「祝園の居籠祭(いごもりまつり)」は、毎年1月、祝園神社で行われます。写真は最大の見どころ「御田(おんだ)の儀」。大(おお)松明(たいまつ)は、長さ3.6m、直径約80㎝、重さは75㎏以上に及ぶ巨大なものです。
神主らは、祭場のある「幸(こう)の森」まで向かい、1年間の五穀豊穣を祈ります。

seikacho2.jpg

京都府精華町の寄附きぼう楽器一覧を見る

京都府精華町の公式WEBサイトを見る

精華町のふるさと納税

京都府精華町 感謝の声

感謝の声をもっと見る